花敷温泉

花敷温泉情報

花敷温泉は群馬でも開湯が古く建久3年(1192年)鎌倉時代と言われております、此処を狩りで訪れた 源 頼朝 が「山桜夕日に映える花敷きて、谷間に煙る湯にぞ入る山」と詠んだ事から花敷温泉と名が付きました。

源泉は長笹沢川のほとりに湧いており古の昔より昏々と今でも豊富な湯量が湧いております。

 

一昔前までは旅館が民宿合わせて4軒営んでおりましたが今では花敷の湯一軒が営業しております。

 

 

 

 

 

花敷温泉旅館情報

 

 

来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯

囲炉裏の御宿 花敷の湯
囲炉裏の御宿 花敷の湯

花敷温泉は一軒宿です、営んでいるのは囲炉裏の御宿 花敷の湯です。

 

一日5組様限定の秘湯の隠れ宿、客室は全部作りが異なっており、露天付客室や新和風の間、ベットルームを備えた和洋室がございます、内湯の他貸し切り露天風呂も完備しております。

 

 

 

お食事は樹齢1000年とも言われる大木の囲炉裏の庵で囲炉裏深山懐石をお召し上がり下さい。 

 

料金 平日  16,000円~25,000円 

   休前日 17,000円~26,000円

     (詳細はお宿にお問い合わせ下さい)

 

                   TEL   0279-95-5307

 

                        花敷の湯 HP

囲炉裏の御宿 花敷の湯